アフィリエイトの広告の種類|初心者におすすめなのは2つ

アフィリエイトを始めるにあたって、どのようなアフィリエイト広告の種類があるかは知っておく必要があります。

というのも、それぞれのアフィリエイト広告に難易度があり、初心者にとっては報酬が発生しやすい・発生しずらいというのがあるからです。

アフィリエイトの広告の種類には、大まかに言えば、

  • クリック報酬型
  • 成果報酬型
  • クッキー型
  • 純広告型

の4つの広告の種類があります。それぞれの広告に特徴があり、メリット・デメリットが存在します。

ちなみに、クリック報酬型のアフィリエイト広告はクリックがされるだけで報酬が発生するので、初心者の方にはオススメのアフィリエイト広告だったりするので、始めるならクリック報酬型のアフィリエイト広告なので、覚えておきましょう。

というわけで、この4つの種類のアフィリエイト広告の特徴をまとめてみました。※紹介する順序としては、難易度が優しい→難しいという順序になっています。

書いてる人

  • 名前:Laa(らーって呼んでください)
  • 素性:ASPや広告主の下請けで働いてました
  • Twitter:(フォローして絡んでください)

クリック報酬型アフィリエイト広告|初心者でも稼ぎやすいが大きくは稼ぎにくい

クリック報酬型アフィリエイト広告は、自分のサイトに貼ってある広告がクリックされるだけで報酬が発生する仕組みのアフィリエイト広告です。

クリック報酬型アフィリエイト広告の例の画像、Yahoo!に載っているクリック報酬型広告を載せている

↑赤枠で囲っている箇所にある広告が、クリック報酬型広告の例です。アフィリエイト初心者の方でも、こういった広告は見たことがあると思います。

グーグルアドセンスのテキスト広告の画像

広告の形としては、画像のバナー広告、モーションウィジェットと呼ばれる動く広告、動画広告、テキスト広告(※↑の画像)と、おおむね4種類あります。

訪問者にマッチしたor自分のサイトの記事にマッチした広告を自動で配信してくれるので、わざわざ、こちらで広告を選ぶ必要がないのが、クリック報酬型アフィリエイト広告の大きな特徴です。

その為、冒頭でも言っていますが、クリック報酬型アフィリエイト広告は、アフィリエイト初心者にとっては一番扱いやすいアフィリエイト広告と言えます。

クリック報酬型アフィリエイト広告を扱う主な会社・サービス

クリック報酬型のアフィリエイト広告を扱う、主要な会社・サービスを、いくつか抜粋してみました。

GoogleAdSense(グーグルアドセンス) グーグルが提供しているクリック報酬型アフィリエイト広告。年々審査が厳しくなっているが、クリック報酬型広告の中では広告単価も高く、広告主も非常に多い。月に8,000円~の報酬を超えると振り込まれる
忍者Admax サムライファクトリーが提供するクリック報酬型アフィリエイト広告。審査がないのが特徴。ネットではグーグルアドセンスの収益の半分と言われているが、自分の場合は1/10以下。楽天銀行、ジャパンネット銀行を口座にしておけば振込手数料が0円。ネット銀行については詳しくはこちら
i-mobile(アイモバイル) 運営元は株式会社アイモバイル。クリック報酬型広告以外にも、成果報酬型のアフィリエイトもあり。アドセンスに比べると発生した報酬と確定する報酬に差がある感じ。
nend(ネンド) A8.netの運営元、ファンコミュニケーションズが運営するスマホ広告専用のクリック報酬型のアフィリエイト広告。審査は緩い。月に3,000円~の報酬を超えると振り込まれる
Fluct(フラクト) アドセンスやi-mobileなどのクリック報酬型広告を一つにまとめて、その中から最適な広告を配信してくれるのが特徴。ある程度のPV数がないと審査はおりないと言われているが、特定のジャンルで上位表示しているとサイトのPV数が少なくても掲載依頼は来る。アドセンスのアカウントが停止してしまった時に備えて登録しておきたいサービス。

とりあえず、クリック報酬型の広告を扱う会社は他にも多くありますが、グーグルアドセンスを含め、この5つに登録ししておくだけでOKです。

ただ、僕が今使っているクリック報酬型広告は、グーグルアドセンスだけです。

一時期、色々なクリック報酬型広告を自分のサイトにペタペタ貼っていましたが、最終的にはグーグルアドセンスだけを使ってサイトを最適化したほうが報酬は伸びました。

実際に、グーグルアドセンス以外の会社で配信されている広告のクリック単価は、グーグルアドセンスの足元に及ばないと言っても良いぐらいです。※もちろん、人によって色々な意見がありますが。

クリック報酬型の広告を複数併用するときの注意点
ちなみに、僕がクリック報酬型の広告をグーグルアドセンスだけにしている理由は、もう一つあります。

他のクリック報酬型広告併用してしまうと、グーグルアドセンスでは取り扱わないアダルト系の広告が出てしまい、最悪グーグルアドセンスのアカウントが停止になってしまう恐れがあるからです。

グーグルアドセンスのアカウントが停止になってしまう人のサイトを見ると、アドセンス以外のクリック報酬型広告を入れており、アダルト広告が出ている場合も少なくありません。

アドセンス側からすると、他社が提供している広告は、そのサイトやブログのコンテンツと見なすので、アカウントが停止になる理由の一つにもなるのです。

なので、できればクリック報酬型広告は一つだけ利用するようにしたほうが無難です。

実際にグーグルアドセンスで安定的に稼いでいます

グーグルアドセンスがネット銀行に毎月振り込まれている証拠の画像
ネット銀行にグーグルアドセンスから毎月振込みされている金額。

一応、僕の話をしておくと、まずはグーグルアドセンスのクリック報酬型広告からアフィリエイトは始めています。2015年から始めて、コツコツと作業をこなしていき、今では月15万~22万程度稼げるようになりました。

一日あたりのグーグルアドセンスの報酬額の画像

1日あたりでいうと、5,000円~9,000円ぐらいで推移しており、サイトが資産になっているので、記事は月に1~2記事程度書いて、ほぼほったらかしです。

グーグルアドセンスを含めたクリック報酬型の場合は、↓でも紹介している成果報酬型アフィリエイト広告とは違い、広告の張替え、広告主との単価交渉などをする必要がありません。

また、アフィリエイト初心者の多くは文章を書くことに慣れていないでしょうから、サイトやブログの記事を書くことだけに集中できるので、クリック報酬型の広告は、めちゃくちゃオススメなわけです。

クリック報酬型広告は大きく稼げないデメリットもあり

ただ、クリック報酬型アフィリエイト広告は、大きな金額を稼ぐとなると、多くのアクセス(PV)をサイトやブログに集める必要があります。月100万~目指すのであればグーグルアドセンスなどのクリック報酬型アフィリエイト広告は不向きです。

グーグルアドセンスで月10万稼いでいるサイトのアクセス数やPV数のグーグルアナリティクスの画像
※月アドセンスで10万稼ぐには、大体20万PV~30万PV程度は必要。↑は僕のサイトの一つの1か月のアクセスやPV数です。このサイトで月アドセンスで大体12~13万位稼いでいます。クリックで画像は拡大

その為、クリック報酬型アフィリエイト広告で10万円~20万円ほど稼げるようになって、文章を書くことに慣れてくれば、売れる文章を学んでいき、そして、少ないアクセスでも大きく稼げる成果報酬型のアフィリエイト広告にステップアップしていくのが理想です。

もちろん、クリック報酬型広告も広告を最適化することで、少ないアクセスでもグーグルアドセンスだけで月に20万円~稼ぐことも可能ですし。

クリック単価の高いジャンルでサイトやブログを作ってしまえば、さらに少ないアクセスでも稼げる金額は大きくなります。※クリック単価の高いジャンルはライバルは強いので、難しい面もあります。

成果報酬型アフィリエイト広告|初心者におすすめなのが無料系や登録系

成果報酬型アフィリエイト広告は、自分のサイトに貼ってある広告がクリックされ、その先にある商品やサービスが売れたor申し込みされた時点で報酬が発生する仕組みのアフィリエイト広告です。

クリック報酬型広告に比べると、商品やサービスを購入してもらうor申し込んでもらうというハードルがあり、セールスライティングや売るための文章の技術も必要になってくることから、成果報酬型アフィリエイト広告は難易度は高くなります。

成果報酬型のアフィリエイト広告で発生している自分のアフィリエイト報酬の画像
※クリックで画像は拡大します。実際に自分が扱っている、高額報酬のアフィリエイト案件。

ですが、1件あたりの報酬が高い案件が発生するようになれば、クリック報酬型広告に比べると、かなり大きく稼げるアフィリエイト広告でもあり、成果報酬型アフィリエイト広告は少ない労力で月100万円稼ぐことも可能です。

成果報酬型アフィリエイト広告を扱う主なASP

成果報酬型アフィリエイト広告の会社は、一般的にASP(アフィリエイトサービスプロバイダ、アプリケーションサービスプロバイダ)と呼ばれます。

主要なASPを挙げると…

A8.net(エーハチドットネット) アフィリエイト案件数では断トツ
afb(旧アフィリエイトB) 比較的、新興のASP。支払い報酬サイクルが早い。
AccessTrade(アクセストレード) A8.netと同様に老舗。
ValueCommerce(バリューコマース) 企業の公式サイトのアフィリエイト案件が多い。
Rentracks(レントラックス) クローズドASPで一般のアフィリエイターは募集していないが、承認率の高い案件が多い

ちなみにレントラックスはクローズドのASPですが、アフィリエイトフレンズというアフィリエイターのコミュニティ(一部無料)に入れば、レントラックスに登録が可能です。

承認と非承認のハードルがあり初心者は挫折するかも?承認率100%の成果報酬広告を扱うASPもある?

成果報酬型アフィリエイト広告は、クリック報酬型広告のグーグルアドセンスとは違い、承認・非承認のハードルがあります。

詳しくは、「副業でアフィリエイトするなら初心者は何から始めれば最短で稼げる?※準備中」の記事でも書いているのですが、成果報酬型アフィリエイト広告は報酬が発生しても、確定されなければ、あなたにアフィリエイト報酬は1円も入りません。

保険相談のアフィリエイト案件の例
※クリックで拡大

例えば、↑のA8.netにある保険相談のアフィリエイト案件は、”WEB申込後、30日以内のFPとの面談実施”という成果条件が設けられています。

もし、あなたが保険のアフィリエイトサイトを作って、あなたのアフィリエイトリンクからWEB申込後に報酬は発生したとしても、30日以内にFPとの面談がなければ非承認になってしまうのです。

なので、クリック報酬型アフィリエイト広告とは違い、承認・非承認というものが成果報酬型アフィリエイト広告であることは理解しておくと良いと思います。

※厳密に言えば、クリック報酬型アフィリエイト広告も承認と非承認はありますが、ほぼ発生した金額=確定する金額といっていいです。

承認率100%の成果報酬型アフィリエイト広告を扱うASPもある?

でも、実は承認率が100%の成果報酬型アフィリエイト広告を扱うASPもあります。

infotop(インフォトップ) ファーストペンギンが運営する情報商材のASP
infocart(インフォカート) ザ情報商材みたいなASPでしたが、ここ数年はクリーンになりだしている
AdMall(アドモール) 報酬がポイント制。AdMallで情報商材を購入すると、ポイントが入り、そのポイントが使用できる

↑の3つのASPがメジャーどころです。

情報商材(情報教材)を販売しているインフォ系と言われるASPで、PDFや動画などを販売しています。

報酬単価は非常に高く、1件の成果報酬が5,000円~60,000円という報酬の広告が多くあります。

販売しているのがPDF形式の情報が多く、報酬が発生すれば、ほぼ100%承認されます。※ネット上でPDF形式で商品を渡すため、キャンセルや受取拒否などが原則ありません。その為、承認・非承認がほぼないのです。

報酬を上げやすい初心者におすすめな成果報酬型アフィリエイト広告とは?

成果報酬型アフィリエイト広告については、色々とハードルがあるとは言いましたが、実際は報酬を上げやすい初心者にとってもハードルの低い成果報酬型アフィリエイト広告もあります。

それが、無料系の成果報酬型アフィリエイト広告です。

資料請求や会員登録系 資格の資料請求や転職サイトへの登録などがある
オプトイン広告(無料オファー) 稼ぐ系の案件やセミナーなどの無料オファー

ようは、アフィリエイトリンクを踏んでくれる人がお金を支払う必要なく、資料請求やサイトに登録orメールアドレスに登録をしてもらうだけで報酬が発生するアフィリエイト広告のことです。

資料請求や登録で報酬が発生する成果報酬型のアフィリエイト広告の例の画像
※クリックで画像拡大

例えば、↑の広告はAccessTradeにある薬剤師転職サイトのアフィリエイト案件で、登録してもらうだけで60,000円の報酬が支払われます。

かくいう、僕も薬剤師転職はやっていませんが、高額な転職サイト案件のアフィリエイトサイトはいくつか持っています。

もちろん、承認率は100%というわけではありませんが、報酬は発生しやすいので、成果報酬型アフィリエイト広告をどうしても始めてみたいという方には、まずは無料系の成果報酬型アフィリエイト広告をお勧めしています。

クッキー型アフィリエイト広告|報酬単価が低いが報酬は発生しやすい

また、成果報酬型のアフィリエイト広告の一つに、クッキー型のアフィリエイト広告もあります。※クッキー型というのは自分で勝手に名付けています。

クッキー型アフィリエイト広告の例の画像

ブログやサイトを見ていると、たまにAmazonや楽天の商品を紹介していることなどがあると思いますが、この画像やリンクは、アフィリエイトリンクになっています。

今、画像にあるのはモバイルバッテリーを紹介していますが、仮にモバイルバッテリーではなく、Amazon(楽天やYahoo!ショッピングでも)で本や時計、家具などがアフィリエイトリンク経由で購入されても、あなたの報酬になるような仕組みになっているのが、クッキー型のアフィリエイト広告の特徴です。

クッキー型アフィリエイト広告のASP

  • Amazonアソシエイト
  • 楽天アフィリエイト
  • Yahoo!ショッピングアフィリエイト

の3つが代表的なクッキー型のアフィリエイト広告のASPになります。

報酬単価は、↑で紹介した成果報酬型アフィリエイト広告と比べるとかなり低めになりますが、アフィリエイトリンクをクリックされた後に、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングで、何が購入されても、あなたの報酬になるので、アフィリエイト初心者にとっては取り組みやすいと思います。

もしもアフィリエイトの管理画面の画像
※クリックで画像拡大

現に、僕の場合は、このクッキー型アフィリエイト広告で月10,000円~15,000円ほど稼いでいます。ちょうどこの記事を書いている途中で、Amazonプライムデーということもあり、報酬は40,000円超えと爆発しちゃいましたが、大体、月10,000円~15,000円ほどがアベレージです。

※僕の場合、Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトは、もしもアフィリエイト経由にしています。↑の画像はもしもアフィリエイトの管理画面。また、Yahoo!ショッピングアフィリエイトは、↑でも紹介しているValueCommerceで提携が出来ます。

クッキー型のアフィリエイト広告は、一つ一つの報酬は30円や400円などが小さい金額ですが、塵も積もれば山となるという言葉の通り、小さい報酬が重なれば、非常に大きな金額となるので初心者の方にとってはオススメです。

承認率に関しては100%ではありませんが、ほぼ発生額と確定額は同じです。よっぽどのことがない限り、非承認になることは稀です。なので、従来の成果報酬型アフィリエイト広告と比較すると、扱いやすい広告です。

純広告型アフィリエイト広告|初心者にはハードルが高い

純広告型アフィリエイト広告は広告主から直接依頼されて、商品紹介記事を書いて報酬をもらうor自分のサイトやブログに広告主のバナーを貼ったりして報酬をもらう(広告枠の販売)、仕組みのアフィリエイト広告です。

初心者にとってハードルの高い広告で、SNS上で影響力のあるブロガーや、検索エンジン上で上位表示していないと、まずは広告主からの掲載依頼の打診はありませんし、何らかの影響力や実績がないと広告枠の販売も行えません。

商品紹介記事を書いて報酬をもらう仕組み

商品紹介記事を書いて報酬をもらう仕組み
画像元:OZPAの表4クリックで拡大

まずは、商品紹介の記事を書いて報酬をもらう仕組みを説明すると、例えば、ブロガーの方が書いている、PR記事と呼ばれるものが分かりやすいと思います。※↑の画像の記事の先頭にPRと書いてあるのが、お金をもらって宣伝してますよ!ということの証拠です。

事前にどのような形で記事を書いていくかなど、広告主と擦り合わせる必要があるので、かなり疲れますが、驚くほど、まとまった金額をもらえます。

僕も自分の手持ちのサイトで何度か、依頼をされたことがあり、その時には、1記事10万円~という金額でしたが、内容がちょっと違う商品の広告なのでお断りしました。

自分のサイトやブログに広告主のバナーを貼ったりして報酬をもらう(広告枠の販売)

自分のサイトやブログに広告主のバナーを貼ったりして報酬をもらう方法の純広告型アフィリエイト広告は、どちらかというと、広告主の打診で行うというのは少なく、自ら、サイトに広告掲載のページを作って、広告枠を販売していることが多いです。

自分のサイトやブログに広告主のバナーを貼ったりして報酬をもらう(広告枠の販売)
画像元:コリスクリックで拡大

サイトやブログの広告枠を販売するという形なので、サイトのアクセス数やサイトに訪れるユーザーが、どのような属性の人がいるかということを説明or開示する必要があります。

サイトやブログによって広告枠の金額は違いがあり、一概に、いくらとかは言えませんが、自分のやっているジャンルのアフィリエイト広告の単価や、アドセンスのクリック単価が参考になるのではないでしょうか。

ブロガーの間で流行っているスポンサー広告も純広告型アフィリエイト広告

ここ数年、流行っているのが、ブロガーとサービスを販売したいor認知させたいブロガーor広告主が、ブロガーのスポンサーになるタイプの純広告型アフィリエイト広告もあります。

ブロガーの間で流行っているスポンサー広告も純広告型アフィリエイト広告
画像元:JACK HOUSE

↑の画像のように、記事のヘッダーやフッター部分などに、広告を掲載し報酬をもらえる仕組みで、広告枠の販売と同じです。

見せ方も同じではあるのですが、横と横との繋がりがあるということが特徴で、個人対個人で広告枠の販売を行っている感じですね。

また、最近ではアクセス数の少ないブロガーにもスポンサーがつくようになっており、VC(ベンチャーキャピタル)のような様相を呈してきていて、違った形の純広告型アフィリエイト広告になろうとしている感じがあります。

まとめ(初心者はクリック報酬型+クッキー型のハイブリッドがオススメ)

  • クリック報酬型アフィリエイト広告ならグーグルアドセンス
  • 成果報酬型アフィリエイト広告なら資料請求・転職サイトなどが初心者にはおすすめ
  • クッキー型アフィリエイト広告は報酬単価が低いが成果報酬は発生しやすいので初心者は必須
  • 純広告型アフィリエイト広告は初心者にはハードルが高いが、ブロガーさんと仲良くなればスポンサーになってくれるかも

広告の種類に関しては、大まかには4種類あるわけですが、アフィリエイト初心者が取り組むべきは、グーグルアドセンスと、クッキー型アフィリエイト広告です。

この2つの広告は共存しやすい広告で、それぞれが干渉し、広告同士で、ぶつかることはありません。

僕自身も、メインはクリック報酬型広告(グーグルアドセンス)とクッキー型アフィリエイト広告で稼いでいるので、稼ぎやすさを痛感しています。

なので、これからアフィリエイトを始める方は、まずはクリック報酬型広告(グーグルアドセンス)とクッキー型アフィリエイト広告でアフィリエイトを行っていくのが理想的です。


アフィリエイトの初心者向けの基礎知識」の流れで、この記事を見ている方は、次に「【アフィリエイトの種類】~稼ぎ方別の解説~初心者におすすめなのは?」の記事を必ず、読んでおくようにしましょう。

【アフィリエイトで稼ぎたい人限定!】これからアフィリエイト始めるなら押さえておくべきオススメのノウハウとは?

  1. PRIDE(プライド)

    趣味のブログからでも始められる。書くことに慣れてない人にオススメ。

  2. LUREA(ルレア)

    サイトアフィリエイトの王道を学べる。ステップバイステップで稼ぎながら学べる。

  3. ASSET

    現役アフィリエイターから直接教えてもらえる。販売者の富田たかのりさんのサポート付!