WordPressのインストールの手順【xserver】図解付

ここでは、レンタルサーバーのエックスサーバーにワードプレスをインストールする方法・手順を解説しています。

図解付きにしているので、分かりやすくなっているはずです。

ワードプレスをインストール自体は簡単ですが、反映されるのに時間がかかるため、不安になることがあるかもしれませんが、順序どおりにやってもらえれば問題ありません。

また、ワードプレスインストール後に行う設定もあるので、その設定もついでに説明しています。

ドメインとレンタルサーバーのネームサーバー設定(紐づけ)を行っていない場合は、レンタルサーバーにワードプレスがインストールできないので、必ず、「独自ドメインとレンタルサーバーの紐づけの設定方法【xserver】」の記事を見て、ドメインとレンタルサーバーの紐づけを行っておきましょう。
書いてる人

  • 名前:Laa(らーって呼んでください)
  • 素性:ASPや広告主の下請けで働いてました
  • Twitter:(フォローして絡んでください)

xserverにWordPressをインストールする手順

エックスサーバーのインフォパネルの画面

それでは、まずエックスサーバーのサーバーパネルにログインしましょう。※僕の場合はインフォパネル経由で、ログインしています。

エックスサーバーのサーバーパネルでドメインを選択しているところを説明している画像
クリックで画像拡大

サーバーパネルにログインすると、まずメニューバーの一番下にある【設定対象ドメインの赤枠で囲っている下向けの矢印】をクリックします。

ここで、自分のドメインを選んで【設定する】をクリックしてください。

サーバーパネルでドメインを指定した後に、WordPressの簡単インストールという項目を指し示している画像
クリックで画像拡大

そして、次にドメインが自分のドメインになっているか確認して、【WordPress簡単インストール】という、項目をクリックしてください。

WordPress簡単インストール画面のWordPressのインストールという項目を指し示している画像
クリックで画像拡大

すると、初期の画面は↑のような画面に切り替わるので、【WordPressのインストール】という項目をクリックしましょう。すると、以下のような画面に切り替わります。

WordPress簡単インストールの入力項目の画面
クリックで画像拡大

それぞれ番号を振って、軽く説明しておくと…
※スクリプトは無視してください。

1.バージョン…WordPressのバージョンをあらわしています。特に気にする必要はありません。

2.インストールURL…サイトのURLそのものです。基本的にはここも触る必要はありません。そのままです。

選択することができ、www.laaweb.comの形のURLにも出来ますが、特にこだわりがない場合は、www.のないlaaweb.comの形式にしておきましょう。

3.ブログ名…ここは自分の好きなブログ名をつけましょう。

ちなみに、僕の場合は会社員や働いている方向けの副業に関する方法をアドセンスやアフィリエイトを使ってやりましょうという、ことを啓蒙しているブログなので、【会社員の副業アフィリエイトのすすめ】とまずは大まかにつけました。

4.ユーザー名…WordPressにログインするときのIDとなります。

adminなどの分かりやすい文字列や、LAA1234のような推測が簡単な文字列の設定はやめておきましょう。もちろん、自分が覚えやすい文字列ということは重要です。

5.パスワード…WordPressにログインするときのパスワードとなる箇所です。

ログインIDと考えは一緒で、最大16文字なので、なるべく推測されにくい文字列にしてください。

パスワードの文字列をランダムでできるサイトなども使ってみて、パスワードを作成して入力願います。

大文字と記号は使えない文字があるので注意。

6.メールアドレス…自分の普段見るメールアドレスを入れる

WordPressでメールアドレスが必要な理由は、WordPressの更新情報やプラグインの更新情報などを、このメールに通知してくれるからです。

ですので、必ず、普段使用しているメールアドレスを設定しましょう。YahooメールやgmailなどのフリーメールアドレスでもOKです。

メールアドレスについては、下記の記事も参考にしてみてください。

7.データベース…自動でデータベースを生成するを選択

データベースというのは、WordPressを動かすためのMysqlのことを指します。特に、細かいことは考える必要はありませんので、【自動でデータベースを生成する】を選択してください。

WordPress簡単インストールの入力画面の項目を埋めた画面
クリックで画像拡大

そして、各項目を入力後、【インストール(確認)】をクリックしてください。

WordPress簡単インストールのインストール確定を行う画面
クリックで画像拡大

そして、この画面で、MySQLデータベース名なども一緒に表示されるので、必ずコピーしてメモ帳に張り付けておきましょう。そして、【インストール(確定)】をクリックしてください。

WordPress簡単インストールのインストール確定ボタンを押した後の画面
クリックで画像拡大

【インストール(確定)】のボタンをクリック後は、このような画面が出ます。

ドメインとレンタルサーバーを紐づけした直後に、このWordPressのインストールを行うと、反映されるまでに通常40分~1時間ほどかかります。

紐づけを前日に完了している方や、時間をおいてWordPressをインストールした場合は、すぐに反映されるようになっています。

WordPress簡単インストールのインストール後、ブラウザでアドレスバーを入れた時に、すでにWordPressのブログが反映している状態をあらわしている画像
クリックで画像拡大

実際に、自分のドメインをブラウザのアドレスバーに入れると、反映されているはずです。↑の画像のように。

表示されているワードプレスのブログ・サイトは、ワードプレスの初期設定されているテーマ(テンプレート)で、その時によって初期のテーマは変わります。

インストール済みWordPress一覧の画面でサイトのURLやログインURLが確認できることをあらわしている画像
クリックで画像拡大

ちなみに、【インストール済みWordPressの一覧】のところをクリックすると、新しい項目が出来ているはずです。サイトのURLや、ログインURLが表示されていると思うので、このサーバーパネルの画面からでもダッシュボード(WordPress管理画面)にログインが可能になります。一応、サイトのURL、ログインURLは、このタイミングで自分の使っているブラウザに必ずブックマークしておきましょう。

※【削除】ボタンを押してしまうと消えてしまうので、気を付けてください。

また、個人的にはセキュリティのことを考えると、ログインURLはプラグインで変更をおすすめしています。変更方法については「SiteGuard WP Plugin※準備中」の記事で書くつもりです。現段階では飛ばしてください。

今回、僕もドメインとレンタルサーバーの紐づけは前日にやっているので、すぐにWordPressが反映されていたのにびっくりしました。

ドメインとレンタルサーバーの紐づけを行った直後の方は、反映されるのに時間がかかるので、まだの方は40分~1時間ほど待ちましょう。

ワードプレスのインストールが終了した方は、次に進んでください。

xserverにWordPressをインストールした直後に行っておくこと、その1【WordPress高速化設定】

そして、ここでまだ終わりではありません。このエックスサーバーにワードプレスをインストール後に行うことがあります。

それが、ワードプレスの高速化設定です。

ワードプレスはサイトを読み込む際にデータベースを、その都度呼び込む必要があるので、どうしても、通常のHTMLサイトと比べると、サイトの表示速度が遅くなってしまいます。

その為、このワードプレスインストール後に行う高速化設定が必要になります。まぁ、高速化設定というと、難しそうですが、めちゃくちゃ簡単です。

WordPressの高速化をサーバーパネルで行う状況を説明している画面
クリックで画像拡大

サーバーパネルの【mod_pagespeed設定】という項目をクリックしてください。

WordPressのmod_pagespeedの設定がOFFになっている状態の画面
クリックで画像拡大

画面が切り替わり、【ONにする】というボタンがあるので、クリックして有効化するだけです。

WordPressのmod_pagespeedの設定がONになっている状態の画面
クリックで画像拡大

すると、↑のような画面になるので、しっかりと高速化設定になっているかをチェックするために【戻る】ボタンをクリックすると、【OFFにする】という状態になっていれば高速化はOKです。

WordPressの高速化に関しては、こういったサーバー側での設定の他に、WordPressのプラグインで対応することにもなります。このサーバー側でする以外にも、高速化は行うので、覚えておいてください。

※順を追って説明するので、WordPress側でのプラグイン(WP Fastest Cache)を使った高速化は別の記事で書きます。

xserverにWordPressをインストールした直後に行っておくこと、その2【WordPresssセキュリティ設定】

そして、xserverにWordPressをインストールした直後に行っておくことが、WordPressのセキュリティ設定です。これも高速化設定と同じように簡単です。

エックスサーバーのサーバーパネルのWordPressセキュリティ設定の項目を映している画面
クリックで画像拡大

赤枠で囲っている、【WordPressセキュリティ設定】の項目をクリックしてください。

WordPressセキュリティ設定の国外IPアクセス制限設定の画面
クリックで画像拡大

基本的には初期設定ですでにONの状態になっています。その為、ここでは【OFFにする】になっていればOKです。※【OFFにする】という項目になっていればセキュリティ設定はOKです。

WordPressセキュリティ設定のログイン試行回数制限設定や、コメント・トラックバック制限設定の画面

WordPressセキュリティ設定のログイン試行回数制限設定や、コメント・トラックバック制限設定の画面
クリックで画像拡大

そして、ログイン試行回数制限設定や、コメント・トラックバック制限設定の処理に関しても、同様に【OFFにする】設定になっていればOKです。なっていない場合にはONにしてください。

ちなみに、赤枠で大きく囲っている【▼国外IPアドレスからのコメント・トラックバック制限】については、現在の設定がOFFでも構いません。

実は、この国外IPアドレスからのコメント・トラックバック制限は、Akismetというwordpressプラグインで対応する箇所となります。

一度、ONにして確認してみましたが、精度はそれほど高くなく、スパムコメントがかなり来てしまいます。※もちろん、個人の感想です。

ここでは割愛はしますが、もっと精度が高く、海外のスパムコメントを制御できるやり方もあるので、その方法は順を追って説明していくので、とりあえず、【▼国外IPアドレスからのコメント・トラックバック制限】についてはOFFの設定のままでOKです。

まとめ(次のステップに進むためのリンクがあり)

とりあえずは、wordpressをインストールする→インストール後に高速化設定をする→インストール後にセキュリティ設定をする、といった流れでした。

そして、次のステップではSSL化設定をしていくのですが、その前に、もう3つすることがあります。

  1. エックスサーバーのFTP設定※次に行うのはここ
  2. ワードプレスのテーマ(テンプレート)のインストール
  3. Search Regexプラグインのインストール

【1.FTP設定について】
FTP設定というのは、SSL化する際にも重要なところでもあり、今後、wordpressのカスタマイズをしていく際に使うことのあるFTPツールの設定になります。

【2.ワードプレスのテーマ(テンプレート)のインストールについて】
ワードプレスのテーマ(テンプレート)のインストールというのは、現状すでにワードプレスの公式テーマがインストールされて、それが反映されています。ですが、多少SEOのチューニングがされているテーマに変更したほうが良いので、違うテーマをインストールする必要があります。

※ワードプレスのSSL化をした後に、テーマを変更したりすると、SSL化されていないファイルなどが出てきてしまうので、二度手間になってしまうので、この段階でテーマをインストールしておきます。

【3.Search Regexプラグインのインストールについて】

SSL化の設定を行う際に、Search Regexという、データを一括置換・変換できるプラグインをインストールする必要があります。

というわけで、まずは、エックスサーバーのサーバーパネルから簡単に行えるので、引き続きFTP設定を行っていきましょう。

エックスサーバー(xserver)のFTPアカウント設定方法【図解付】

【アフィリエイトで稼ぎたい人限定!】これからアフィリエイト始めるなら押さえておくべきオススメのノウハウとは?

  1. PRIDE(プライド)

    趣味のブログからでも始められる。書くことに慣れてない人にオススメ。

  2. LUREA(ルレア)

    サイトアフィリエイトの王道を学べる。ステップバイステップで稼ぎながら学べる。

  3. ASSET

    現役アフィリエイターから直接教えてもらえる。販売者の富田たかのりさんのサポート付!