独自ドメインとレンタルサーバーの紐づけの設定方法【xserver】

ここでは独自ドメインを取得、そしてレンタルサーバーを契約した人向けに、独自ドメインとレンタルサーバーの紐づけの設定方法の解説を行っていきます。

流れとしては…

  1. ドメイン側でネームサーバーの設定する
  2. サーバー側でドメインと紐づけをする

という作業が大まかな流れです。

画像付きで細かく、流れで作業が行えるように説明はしているので、躓くことは無いとは思いますが、慎重にやっていただければ問題はありません。

また、ここで解説しているのは、エックスドメインでドメインを取得しているかorエックスサーバーの独自ドメイン無料プレゼントキャンペーンでレンタルサーバーを契約しているという方で、なおかつエックスサーバーを契約している人向けの方法です。

根本的な考え方としては、ムームードメインorお名前ドットコムorバリュードメイン、他のレンタルサーバーでも考え方は同じで、ドメイン側でネームサーバーを設定する→サーバー側でドメインを認識させるという順番です。

ここでは、独自ドメインとレンタルサーバーの紐づけだけを解説しているので、紐づけ後のWordPressインストール手順などについては「WordPress インストール 手順【エックスサーバー】」も引き続きご覧ください。

書いてる人

  • 名前:Laa(らーって呼んでください)
  • 素性:ASPや広告主の下請けで働いてました
  • Twitter:(フォローして絡んでください)

独自ドメインをエックスサーバーの無料プレゼントキャンペーンで取得している人向け【エックスドメインで取得してる方は読み飛ばしてください】

エックスサーバーのログイン画面

まず、エックスサーバーのドメイン無料キャンペーンを利用して、レンタルサーバーを契約している場合は、エックスサーバーのインフォパネルより、ログインをしてください。

エックスサーバーのプレゼントドメインのメニューバーを表示している画面
クリックで拡大

ログインすると、インフォパネルの画面のサイドバーに【プレゼントドメイン】という項目があるので、クリックしてください。

プレゼントドメインの取得方法を説明する画面
クリックで拡大

すると、ドメイン取得の画面となるので、ここで好きな文字列を入れてドメインを取得するようにしましょう。

ドメイン取得時の注意点やポイントに関しては、必ず「ドメイン取得の際に気を付けたい6つのポイント|名前や選び方のコツ」の記事を必ず、事前に確認するようにしてください。※場合によっては、商標侵害になることや、過去に運営していたドメインの場合もあるので、ドメイン取得には細心の注意を払いましょう。

プレゼントドメインの取得を確認している画像

プレゼントドメイン取得後、エックスサーバーのインフォパネルのトップページの下部に【ご契約一覧】の欄にプレゼントドメインの取得が確認できるはずです。

備考欄にキャンペーンという文字が入っていると思います。ちなみに、このプレゼントドキャンペーンで得たドメインというのは今回契約しているエックスサーバーのアカウントと連動しているため、サーバーを解約しない限りは、ずっと使えるものです。

※僕の場合は、エックスサーバーを2つ契約していますが、一番最初に契約したサーバーがプレゼントドメイン対象期間に契約したので、そのサーバーと連動している形です。

プレゼントドメインのネームサーバーの確認と設定

プレゼントドメインのドメインパネルのボタンが表示されている画像

そして、次にプレゼントドメインのネームサーバーの確認と設定を行っていきます。【ドメインパネル】という項目を、クリックしてください。

プレゼントドメインのドメインパネルにあるネームサーバーというボタンを表している画像

そうすると、ドメインパネルのメニューが出てきます。そして、このドメインパネルメニューの【ネームサーバー】をクリックしてください。

プレゼントドメインのネームサーバーが設定されている状態を表している画像

すると、ネームサーバー情報が出てきます。すでに、ネームサーバーが設定されている状態なので、エックスサーバーの紐づけは完了していることをあらわしています。ここでは何もする必要はなく、あくまでも確認となります。

ネームサーバーが空欄になっている場合…

プレゼントドメインのネームサーバーが空欄になっている状態の画像

万が一、ここでネームサーバーの欄が空欄になっている場合は、ネームサーバーを設定する必要があります。

プレゼントドメインのネームサーバーを設定する方法を解説している画像

設定と言っても、単純に【ネームサーバーの変更】というメニューをクリックして、↑の画像のように【XSERVERで利用する 】にチェックを入れて、最後に【ネームサーバーの変更】をクリックすれば自動でネームサーバー情報を記入してくれます。

プレゼントドメインのネームサーバーが設定されている状態を表している画像

なので、設定後、再度、ネームサーバーにネームサーバー情報が入っているかどうかチェックしてください。※先程も出した画像ですが、↑のような状況になっていればOKです。

それでは、あとはサーバー側で、ドメインとの紐づけ処理をするだけなので、無料プレゼントキャンペーンでドメインを取得した方は、「エックスサーバーと独自ドメインの紐づけ」という見出しから見てください。

↑クリックすると移動します。

エックスドメインにログインしネームサーバーを設定する【エックスドメインでドメインを取得した人向け】

エックスドメインでドメインを取得した方は、ここからが始まりです。

エックスドメインのログイン画面

まず、エックスドメインにログインし、エックスドメインの管理パネルに入ります。

エックスドメインの管理パネルの画面

管理パネルを開くと、【契約ドメイン一覧】というメニューor【最近契約したドメイン】という箇所があります。※僕の場合は、アドセンスのサイト以外にもアフィリエイトサイトなども複数運営しているので、ドメイン自体は多く保有していますが、初めての方であれば、ここに出るのは一つのドメインだけなので気にしないでください。

最近契約したドメインの一覧から、そのまま【ドメイン管理】というところからであればスムーズなので、取得したドメインのメニューの【ドメイン管理】という場所をクリックしてください。

ドメインパネルでネームサーバーの設定・変更・確認作業

エックスドメインのドメインパネルの画面

すると、ドメインパネルという画面が出てきます。そして、赤枠で囲っている【ネームサーバーの確認・変更】をクリックしてください。

エックスドメインで初期設定で設定されているネームサーバー

すると、初期設定では、このようなネームサーバーが確認できると思います。大抵は↑のようなネームサーバーが初期設定されていることが多いです。※このネームサーバーはエックスドメインの無料で使えるレンタルサーバー用のネームサーバーで、エックスサーバーに対応しているわけではありません。

このままでは、エックスサーバーとドメインが紐づけできない状態なので、エックスサーバーに紐づけられるように変更が必要となります。なので、【ネームサーバーを変更する】クリックしてください。

エックスドメインのネームサーバーの変更方法を解説している画像
クリックで拡大

そして、【利用サービス】の赤枠で囲んだ下の矢印をクリックすると、【エックスサーバー】という項目があるので、これを選びます。

エックスドメインがエックスサーバーのネームサーバーに選択されていることを表す画面

そして、エックスサーバーの項目になっているか確認して、【ネームサーバーの変更(確定)】をクリックしてください。

エックスドメインでネームサーバー変更後の画面

クリックした後に、↑の画像のように”ネームサーバーの設定を変更しました”と画面が切り替わるので、エックスサーバー用のネームサーバーに変わっているか確認するために、【ネームサーバー一覧へ戻る】をクリックして確認してみましょう。

エックスサーバーのネームサーバーに設定された画像

すると、ネームサーバーが画像のようなエックスサーバーのネームサーバーになっていればOKです。

とりあえず、ここで自分の保有している独自ドメインをメモ帳やテキストエディタにメモを取っておきましょう。僕であれば【laaweb.com】ですね。

次のステップで、この独自ドメインをレンタルサーバーと紐づけをします。その際に、この独自ドメインが必要になってきます。

レンタルサーバー側で独自ドメイン紐づけ設定の方法【エックスサーバー編】

それでは、ようやく、レンタルサーバーと独自ドメインの紐づけです。

エックスサーバーのログイン画面

まずは、エックスサーバーのインフォパネルにログインしてください。

エックスサーバーのインフォパネルの画面

インフォパネルにある【ご契約一覧】サーバー情報に”サーバーパネル”というメニューがあるので、サーバーパネルにある【ログイン】というボタンをクリックしてサーバーパネルに入りましょう。

※僕はサーバーを2つ契約しているので、2つありますが、普通はここの欄は1つです。

サーバーパネルでドメインを設定する

エックスサーバーのサーバーパネルの画面

サーバーパネルに入ると【ドメイン設定】という項目があるので、そこをクリックしてください。

エックスサーバーのサーバーパネルのドメイン設定の画面

すると、ドメイン設定の画面に切り替わるので、【ドメイン設定の追加】をクリックしましょう。

エックスサーバーのドメイン設定でドメインを入力する画面

そして、クリックした後に、自分の取得したドメインをドメイン名の欄に入力します。僕であれば、【laaweb.com】ですね。

必ず、その際には【無料独自SSLを利用する】という項目にも必ずチェックしておきます。そして、【ドメイン設定の追加(確認)】をクリックしてください。

画面が切り替わり、【ドメイン設定の追加(確定)】をクリックしましょう。

ドメイン設定を終えた後の画面

すると、こんな画面になります。

”無料独自SSLの設定の失敗しました”と出ていますが、無料独自SSLの設定の失敗に関しては、それほど気にする必要はありません。あとで修正が出来るので気にする必要はないので、ご心配なく..

ドメイン一覧にドメインが反映されているかどうかの確認

念の為、ここでドメイン設定の一覧というところで、新しい自分のドメインが設定されているのかがわかるので、必ず確認しておきましょう。

ドメインとレンタルサーバーが紐づけ設定ができた証拠の画面

ちなみに、1時間位で、ドメイン【laaweb.com】をアドレスバーに入れると、↑の画像のような感じで出ていれば、エックスドメインorプレゼントドメインとエックスサーバーの紐づけは成功した証拠となります。

※多くの場合、ドメインを紐づけ完了した段階ですぐにwordpressをインストールすることが多いので、見ることは少ない画像だと思います。

通常、ドメインとサーバーの紐づけは、数時間から24時間程度反映に時間が掛かるとは言われているのですが、同じエックスサーバーのサービスの中なので、かなり反映は早いです。

まとめ(次のステップに進むリンクあり)

大まかな流れは、【ドメイン側でネームサーバーの設定】→【レンタルサーバー側でそのドメインを認識する】という作業になります。

この独自ドメインとレンタルサーバーの紐づけの流れは、別のドメイン会社やレンタルサーバーでも、大まかには同じ流れです。

なので、SIRIUS(シリウス)などのHTMLのサイト作成ソフトを使ってサイトを作成する場合にも、ここまでの流れは完全に一緒です。

さて、次のページでは、このサーバーパネルからwordpressをインストールする手順を説明しているので、頭が疲れた方は次の日にやってみましょう。

wordpressをインストールすること自体は、すぐに出来ることなので、時間は特に置かなくても良いですが、次の段階のSSL化をする手順では、時間がかかります。

WordPressのインストールの手順【xserver】図解付

【アフィリエイトで稼ぎたい人限定!】これからアフィリエイト始めるなら押さえておくべきオススメのノウハウとは?

  1. PRIDE(プライド)

    趣味のブログからでも始められる。書くことに慣れてない人にオススメ。

  2. LUREA(ルレア)

    サイトアフィリエイトの王道を学べる。ステップバイステップで稼ぎながら学べる。

  3. ASSET

    現役アフィリエイターから直接教えてもらえる。販売者の富田たかのりさんのサポート付!